スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 写真ブログ 子供写真へ
 Twitterでつぶやく

キング・カズ


キング



昨日のチャリティーマッチ

カズがやってくれました。

ゴール後鳥肌が立ち、驚きと嬉しさ、他にもなんとも表現できない思いで胸がいっぱいになりました。

サッカー少年というよりもアラフォー世代が狂喜乱舞したのではないでしょうか。

まさかカズのゴールとカズダンスが見れるとは思っていませんでした。

これから被災地の復興を引っ張るのはカズ世代の人たちだと思います。

何か神様からのメッセージかもしれません。


 続きにチャリティーマッチに臨むカズのコラム(産経新聞)

読むと泣けます。

やっぱりカズはキングだ!

俺も頑張るぞ!(何を?→何かわかりませんが・・とにかく気持ちです。)


生きるための明るさを

(三浦知良・サッカー人として 日本経済新聞3月25日)


このたびの大震災の被災者の方々に、心からお見舞いを申し上げます。
被害に遭われた方々にとって、この2週間が、その一分一秒が、どんなものだったかを思うと、本当におかけする言葉も見つからない。
 
生きているとはどういうことなのだろう、サッカーをする意味とは何なのだろう。
見つめ直さずにはいられなかった日々のなか、思わず頭をよぎったのは「今のオレ、価値がないよな」。

試合がなくなり、見に来る観客がいなければ、僕の存在意義もない。
プロにとってお客さんがいかに大切か、改めて学んでもいる。

サッカーをやっている場合じゃないよなと思う。
震災の悲惨な現実を前にすると、サッカーが「なくてもいいもの」にみえる。
医者に食料・・・必要なものから優先順位を付けていけば、スポーツは一番に要らなくなりそうだ。
でも、僕はサッカーが娯楽を超えた存在だと信じる。
人間が成長する過程で、勉強と同じくらい大事なものが学べる、「あった方がいいもの」だと。

未曾有の悲劇からまだ日は浅く、被災された方々は余裕ある日々など送っていない。
水も食べるものもなく、家が流され、大切な人を失った心の痛みはとても癒やされはしない。
そうした人々にサッカーで力を与えられるとは思えない。
むしろ逆だ。身を削って必死に生きる方々、命をかけて仕事にあたるみなさんから、僕らが勇気をもらっているのだから。 サッカー人として何ができるだろう。

サッカーを通じて人々を集め、協力の輪を広げ、「何か力になりたい」という祈りを支援金の形で届け、一日も早い復興の手助けをしたい。
そこに29日の日本代表との慈善試合の意義があると思う。

こんなことを言える立場ではないけれども、いま大事なのは、これから生きていくことだ。
悲しみに打ちのめされるたびに、乗り越えてきたのが僕たち人間の歴史のはずだ。
とても明るく生きていける状況じゃない。
でも、何か明るい材料がなければ生きていけない。
暗さではなく明るさを。29日、Jリーグ選抜の僕らはみなさんに負けぬよう、
全力で、必死に、真剣にプレーすることを誓う。

(元日本代表、横浜FC)
スポンサーサイト

テーマ : ひとりごとのようなもの
ジャンル : 日記

にほんブログ村 写真ブログ 子供写真へ
 Twitterでつぶやく

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。